三たん地方開発促進協議会
 
灰被りで変化する野趣あふれる暮らしの器

窯で焼く様子 色や模様が一品ずつ異なる「灰被り(はいかぶり)」が丹波焼の真骨頂です。「登り窯」で焼く時に降りかかる松薪の灰が釉薬(ゆうやく)と融(と)け合って表れます。

 昭和初期、民芸運動の提唱者である柳宗悦(やなぎむねよし)氏によって日用雑器や茶道具などが見出され、「丹波焼」の名が知られるようになりました。産地が立杭地区に限られるため「立杭焼」とも言われています。

野趣たっぷりな湯呑や皿、壷 瀬戸・信楽・越前・常滑・備前と共に日本六古窯(ろくこよう)の一つに数えられ、開窯から約800年間、一貫して日用雑器を生産しています。現在も約60軒の窯元で、飾り気がなく野趣たっぷりな湯呑や皿、壺(つぼ)などが作られています。

 すべての窯元の製品を扱う「立杭陶の郷」では、古丹波の鑑賞や陶芸体験も出来ます。平成17年(2005)に「県立陶芸館」(仮称)が開館する予定で、丹波焼約500点を中心に、出石焼・淡路焼・舞子焼など県内の他の焼物も展示されることになっています。

◎お問い合わせ
丹波伝統工芸公園 立杭陶の郷 TEL 079(597)2034

丹波焼◎篠山市 経済産業大臣指定伝統的工芸品 灰被りで変化する野趣あふれる暮らしの器
  【匠の普段使い】 「静かで素朴な丹波焼は、色が奇抜じゃないので料理や花が生きると思います」。  
特集1
三たんの美しい
伝統工芸品
丹波焼
丹後ちりめん
豊岡杞柳細工
黒谷和紙
丹波布
出石焼
麦わら細工
三たん事典トップTOP発刊にあたって特集1特集2特集3本編コラム・インタビュー三たん匠一覧
since:2003.12