三たん地方開発促進協議会  
保存の知恵 その一 漬ける
その1 メニュー
ぶりのみそ漬 ぶりのみそ漬
 みそに漬けることで風味がしみ込み、魚の生臭さが消える。京都随一の漁業の町、伊根町の家庭では様々な魚介の保存食が作られ、昭和56年には漁協が「ぶりのみそ漬」を商品化。土産として定着しつつある。伊根とぶりとの関わりは深く、身祝い(※)にセンバ(寒ぶりの煮付け)を大根おろしで食べる習慣があり、江戸時代に宮津藩へ献上した記録も残っている。
※毎年、1月8日に行われる新年会。別名をコトという。
へしこ へしこ
 いわし・あじ・さばなど大量に捕れて値の安いものをぬかに漬け込んだ。おもに漁の少ない夏季の食膳にのぼり、ぬかを落とさずに軽く焼くと食欲をそそるこうばしい香りが漂う。魚種や地域によって仕込む時期は異なるが、舞鶴市吉原地区では古くからさばの脂がのる秋に作られてきた。現在は材料となるいわしなどの漁獲量が減っているため、作る人が少なくなった。伊根町では漁協で製造したへしこを一樽で購入する家もある。

   
その1 漬ける
  1 2 3 4  
その2 干す
  1 2    
その3 煮る
三たん事典トップ TOP発刊にあたって郷土料理三たん食材図鑑保存食の知恵食べもの百科 
since:2002.4