三たん地方開発促進協議会  
  黒大豆
◎旬/11月中旬〜12月下旬
◎おもな産地/丹波盆地
◎品種/大豆の中で一番大きい「丹波黒」とよばれる品種。天日で干すと白い粉がふきでるのが特徴。
黒大豆
丹波の大地が育んだ
黒大豆の枝豆
大粒の黒大豆は枝豆で。

 丹波の黒大豆といえば、篠山の川北産がとくに有名で、古くは篠山藩に米の代わりに献納していたと伝わる。

 6月の初めに種をまき、梅雨をむかえ、夜露をあびて、「北山しぐれ」と呼ぶからっ風にさらされることで、豆本来の旨味が引き出されるという。また、大きな川のない篠山市では米づくりは難しく、豆はまさに環境に適合した作物だといえる。

 大粒の黒大豆がたわわに実るのは11月中旬。煮豆は「丹波黒の枝豆」。作り方は簡単で、さやを切ってゆで、それを水洗いし、表面の産毛がとれるくらいまで食塩で洗う。豆をもう一度水につけ、沸騰したまま20〜30分程待つと、ビールによくあうつまみができる。

 

   
松葉がに
いか
猪肉
但馬牛
黒大豆
そば打ち体験
三たん事典トップ TOP発刊にあたって郷土料理三たん食材図鑑保存食の知恵食べもの百科 
since:2002.4