三たん地方開発促進協議会  
  松葉がに
◎おもな産地/但馬海岸、丹後海岸
◎食材の旬/11月〜3月
◎生態/ひと月に数回の脱皮を繰り返し、7〜8年で親がにとなる。砂泥底で海底を長い脚で歩いたり、潜り込んだりして底生に生息する。
松葉がに 松葉がに
日本海に棲む味覚の王
かにすき
何度でも味わいたい「かにすき」

 山陰では、ズワイガニの雄を「松葉がに」、北陸地方では「越前がに」、丹後町では「間人がに」と称す。品質のおなじズワイガニでも、水揚げした船が所属する港によって名称が変わる。

 地元で味わう醍醐味(だいごみ)は、やはり新鮮なこと。とくに日帰り漁で、鮮度が抜群といわれるのが、津居山港、間人港などで水揚げされたもの。新鮮なかには「かに刺し」で味わいたい。かにの足を冷水でさっと洗い、包丁で殻を削ぎ取る。これを氷水の中に入れると、身がしまって花びら状の美しい姿になる。好みによりおろししょうがを添えると美味。

 ズワイガニの雌(コッペがにあるいはセコがに)も腹に付く卵(外子)と甲らの卵巣(内子)はかにみそと混ぜると珍味。

 
       

   
松葉がに
いか
猪肉
但馬牛
黒大豆
そば打ち体験
三たん事典トップ TOP発刊にあたって郷土料理三たん食材図鑑保存食の知恵食べもの百科 
since:2002.4