三たん地方開発促進協議会  
  きゃあもち 主なエリア丹後全域
きゃあもち

【作り方】

鍋に湯を沸かし、ゆるご(玄米のくず米)とよもぎを入れて交ぜる。普通のもちと同じくらいの固さになったら手で丸め、あんを包む。

 米は現金収入を得るためにできるだけ多く出荷するので、くず米も工夫して食べた。きゃあもちは普通のもちのようにのびず、あっさりとした食感。冬にはおやつや食事として常に作るが、5

月の「草刈始め」には必ず神棚に供えてお下がりを食べた。地元の人によるときねでつかず鍋でかいて(まぜて)作るのがなまってよもぎ「きゃあ」となったのではとのこと。春になるとよもぎをつまされるのが子どもの仕事でいやだったが、囲炉裏で焼いた時の香ばしいにおいは楽しみだったそうだ。また、ゆるごのもちをめん板に伸ばしあんを包まないものを網野では「よたらもち」、久美浜では「こがねもち」と呼ぶ。

 
         

   
ばらずし
さばずし
むかご飯
かきもち
だんご
きゃあもち
とちもち
その他
三たん事典トップ TOP発刊にあたって郷土料理三たん食材図鑑保存食の知恵食べもの百科 
since:2002.4