三たん地方開発促進協議会  
  かきもち 主なエリア 三たん全域
かきもち

【作り方】

もちをなまこ型に整形して2日ほどおき、薄く短冊状に切る。冷たい風で乾燥して貯蔵する。

 冬の間に作って缶などに保存し、おやつとして囲炉裏や火鉢で焼いて食べた。混ぜる食材は共通するものが多いが、海沿いの浜坂町ではわかめ・のり・干しえび、山間の温泉町ではあわ・黒豆・よもぎなど地域性の見られるものもある。わらで編み風に当たらない縁の天井に吊ったり、むしろに広げたりして、凍らせないように乾燥させる。黒豆同じものを小さく切って干せば、あられになる。家庭で作る家は少なくなったが、温泉町の春来そば生産組合では昔ながらのかきもちを作っている。
 
         

   
ばらずし
さばずし
むかご飯
かきもち
だんご
きゃあもち
とちもち
その他
三たん事典トップ TOP発刊にあたって郷土料理三たん食材図鑑保存食の知恵食べもの百科 
since:2002.4