三たん地方開発促進協議会  
伝統儀礼とハレの食卓 丹後
稔りの餅と贈答儀礼 亥の子餅[丹後・久美浜町]

亥の子餅
【亥の子とは】
亥の月、亥の日、亥の刻に餅を食べることで無病のまじないとする「亥の子」行事は、中国伝来の習俗で、すでに平安時代には、宮中の年中行事としてわが国に伝わっていた。陰暦10月は、十二支に当てはめると「亥の月」にあたり、「猪が多産なので、とくに女性がこれにあやかって餅を贈りあい祝う」という俗信が、農村では農作物の収穫期と重なり、豊穣を祝う収穫祭の行事として各地に定着した。

◎伝承者 岸本松江さん
(久美浜町須田・大正11年生まれ)

 久美浜町須田では、旧暦10月の亥の日に餅をついて亥の子を祝う。この日は、田の神が一年の仕事を終えて家に戻られる日といい、家人は新米を用いて白餅を作り田の神をもてなすのである。田んぼから家に戻った神は臼(うす)でひと休みし、家のタカ(※)に上がって一冬を越し、そして春になると再び田に戻るのだという。当地では、干支(えと)は子からはじまり亥に終わることから、俗に「亥の子」は一年の締めくくり、新年を迎える重要な折り目と伝わる。作物の稔りを一年のサイクルとした「稔(とし)」の観念がうかがえる。

 亥の子の餅は10cm程の白餅で、昔は一斗七臼で200個程の餅を家内じゅうでつくった。「やったりとったり亥の子の餅かな」といい、嫁には重箱につめた餅を持って里帰りさせ、しばらくは農作業も休んだ。帰りにはお返しにと、亥の子餅をもらうのが古くから慣習だった。

 家では亥の子の夜にぜんざいに餅を入れて食べ、神前や床の間、仏壇にも餅をお供えし、無病息災を願った。

※:薪や稲藁などを保管する屋根裏のこと

   
地図より検索
市町名より検索
名称より検索
コラム:伝統儀礼とハレの食卓
  丹波|但馬|丹後
コラム:朝市
三たん食総覧
  丹波|但馬|丹後
三たん事典トップ TOP発刊にあたって郷土料理三たん食材図鑑保存食の知恵食べもの百科 
since:2002.4