三たん地方開発促進協議会
 
 
 
   
[かゆ占い] かゆうらない
◇市島町徳尾・折杉神社
◇開催日/2月3日(閏年は4日)

宮司が祝詞を奏上するさい、祓えを行うため に用いる。玉串とよばれ、神前に奉る。


 

[はだか祭] はだかまつり
◇青垣町遠阪今出・熊野神社
◇開催日/11月3日
厄災を祓いのける力があるという、はだか祭 の御幣。威勢のよい男たちが、この御幣を奪い合い、身のお守りとして持ち帰る。


[深田部神社例祭]
ふかたべじんじゃれいさい
弥栄町黒部・深田部神社
御旅の行列で、氏子がこの御幣を手に参列する。柄は漆塗りで、子の成員であることを神に示す。
[九鹿ざんざか踊り]
くろくざんざかおどり

八鹿町九鹿・日枝神社
八幡宮に奉納される、九鹿ざんざか踊りの御 幣。踊子を見守るように、踊場の中央に凛と立つ。


  鬼面
  
  御幣
  山車
  小道具


 
 
[御幣]ごへい
清浄なる空間のしるし
樹花を模して造られたといわれる御幣は、幾代にもわたり 深い祈りの瞬間を刻みつづけてきた。凛とした空気を醸すのは、清浄をあらわす幣の色。「はっ」とするような白さをたたえた御幣を前に、心やすらかに、祭りの時を迎える。
 
  三たん事典TOP | TOP発刊にあたって祭具の世界小さな祭り季節の祭り
since:2001.7